相続税 台東

相続税 台東


台東で相続税でお悩みの方へ。清水和男税理士事務所では、台東区を中心に、台東、浅草橋、三筋、小島、鳥越、東上野、元浅草、蔵前、仲御徒町、新御徒町などのお客様の相続税対策の相談や申告、計算の代行などを承っております。

■当事務所の相続税・事業承継に関するサービス内容

・直接訪問、相談
・事前のお見積り
・戸籍謄本から現地調査
・印鑑証明の取得だけで
・分割協議書の作成も
・相続登記も
・事前に事業承継対策
・後継者の育成

当事務所では将来の財産・事業承継に対処するため、事前の相続対策を提案させていただいております。サービスの内容としましては、1)事業の承継を見通したタイムリーな会社財産評価と経営者の個人資産の評価2)事業の存続に必要な、自社株その他資産の贈与、相続に備えます、3)判例データベース「LEX-DB」を活用して、税務上適正、有利な対策を立案します、4)引き継ぎに際しての留意点、事業承継計画の策定をご支援します、などです

相続税 台東

■相続税に関するよくある質問

Q 身内が亡くなったので、相続税申告までやってほしい。
A 今の相続税法では、5000万円+1000万円×法定相続人の数までが「遺産にかかる基礎控除」として、いわゆる課税最低限になっています。平成22年の国税庁の発表によると、平成21年中(平成21年1月1日~平成21年12月31日)に亡くなった人約114万人のうち、相続税の課税対象となった人は約4万6千人(前年約4万8千人)で、課税割合は4.1%(前年4.2%)となっており、基礎控除額の引上げ等があった平成6年分以降における最低となったそうです。

当事務所ではまず、亡くなられた方と相続される方の戸籍などにより相続関係を確定させた後、財産の調査と概算評価を行い、申告義務があるかどうか検討します。その結果、申告が不必要な場合、遺産分割協議書が未作成のときは、遺産分割協議のための資料を作成し、相続人の方に御報告します。これにより分割案を決定いただき、これを分割協議書として作成いたします。

Q 会社の円満な事業承継を考えているのだが。
A 円満な事業承継のためには、後継者の育成と法律上の準備が重要です。当事務所では、決算書、申告書を基礎にした自社株評価を行い、特別の対策が必要の場合には、円満な事業承継に向けた計画の策定をお手伝いします。

>>その他のよくある質問はこちら

■業務エリア

現在、埼玉県から東京都、神奈川県、千葉県までの範囲をカバーしています。台東や浅草橋、三筋、小島、鳥越、東上野、元浅草、蔵前、仲御徒町、新御徒町、台東、浅草橋、三筋、小島、鳥越、東上野、元浅草、蔵前、仲御徒町、新御徒町、なども対象範囲となります。

台東で相続税でお悩みの方も是非一度ご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

清水和男税理士事務所

〒110-0016 東京都台東区台東3丁目43番10号 佐藤ビル401号
TEL:03-3839-5712
FAX:03-3835-7527

>>ご相談・お問い合わせ

所長 清水和男
税理士・行政書士、関東経済産業局認定支援機関
TKC全国会 資産対策研究会会員、財産承継コンサルタント

業務内容
・相続・事業継承対策
・新規開業、会社設立支援
・コンピューターの導入のサポート
・経理会計システムの立案と改善
・経営計画・資金計画立案支援

相続税 台東